会社員の投資ノート

確定拠出型年金やNISAをフル活用して運用している会社員。ロボアドは試験運用で費用対効果を検証中

自分でつくる年金iDeCoって儲かるの?

自分でつくる年金・iDeCo、いまさら聞けない素朴なギモンを解決!(LIMO) - Yahoo!ニュース

iDeCoって儲かるの?の答え

記事では下のように答えています。

iDeCoって儲かるのかというお話です。まず大前提として、iDeCoはあくまで投資です。投資は損をすることもありえます。一般論として、どんなにいい投資信託でも、どんなにいい株でもマイナスになるときはマイナスになるのです。つまり、iDeCoって儲かるの? と訊かれたら、その人次第ということしか答えようがありません。

コスト(手数料と税金)を考慮せず、定期預金(iDeCoの商品ラインナップに組み込まれている)など元本確保型商品に投資しないということであれば、投資全般に言える回答です。

ただし、一定の所得があって元本確保型商品に定時配分の金額を全て振るのであれば、控除される税金分得する=儲かる、と言えます。

ただ、「確実に儲かる」という言う表現は誤解を招く可能性もあるため、使い方が難しいです。

私がいつも使う表現は、

「給料の一部(仮に年20万円)をカジノのチップに交換すると、その20万円分の所得には課税しない(本来課税される金額を返す)、というのがDC制度。そして、カジノではリスクのあるゲームはせずカジノの中に設置されている"元本確保"の箱にチップを預けておくだけの人でもその恩恵は受けれる。」

というものです。

「無リスクで儲かる」とは金融機関の立場ではストレートに言えないですが、友人に聞かれたら上のような表現をしています。 分かり難い説明になりますが、メリットについて分かり易い説明ができる制度だったらもっと普及しているのだと思います。